霊園には民間の他に国営や寺が管理している霊園などがある

お墓を作ることを考える際、安置する霊園や寺院をまず考える必要があります。

この寺院や霊園は日本全国に存在しており、国が運営する公営墓地や民間の民営墓地、寺院運営の寺院墓地、他に納骨堂や永代供養墓などもあります。

寺院墓地では、宗派による制限がありますが、国営や民営の墓地では制限がありません。

国営の墓地は安価ですが、申し込みが抽選になっており、住居年数など条件が必要になっています。

また逆に民営の墓地は費用が高くなりますが、その代わりの墓石を自由に選べますし、法要の手配などサービスがあります。

費用がかかる分、管理も行き届いていますので、公園風の墓地も多いですね。

お墓を選ぶ際は、どこに安置して欲しいのか、こういった複数の条件から選ぶ必要があります。

国営で費用を安くする方法もいいですし、お参りしやすい民営のお墓を選ぶのも良い方法です。

どういったお墓にしたいのか、今後の法要もありますので、それらを踏まえて考えましょう。